慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできる

探偵に浮気調査をお願いして、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。相手が信頼できなくなってしまったら死ぬまで一緒にいるとなるとそのストレスはかなりのものになりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求したならば二人が別れることは間違いないでしょう。不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまでになることもあります。離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。さらに、不倫相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要とされます。第三者からみても明白な不倫の証拠が必要です。浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。それは逆上してしまうおそれがあります。貴方自身が大丈夫だと信じていても、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が多く報告されています。余計な厄介ごとを増やさないためにも何よりも、証拠を入手するために、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。運転する人の目につかないところにGPS端末を設置して、常時、移動の内容を監視し続け、現在地を把握したり、記録したデータを後から取り出して分析することもできます。移動手段に、車を使わない人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。そうすれば、相手がどこに行ったのかやそこにどのくらいいたのかもわかります。どのような服装か確認することで浮気の事実を突き止めることができます。浮気をしている人に、著しいのは着る洋服の違いです。おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったらよく見ることが重要です。これから先浮気をしようとしていたり、浮気している人がいるかもしれません。浮気調査の費用を節約する方法は、ある程度自分で前もって調査してから調査会社へ依頼することです。難しい調査ではありません。毎日のパートナーの行動記録を良いだけです。毎日、仕事に出掛けた時間、帰宅した時間、だれかと電話をしているようなら、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調べる時間が少なくて済むので、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。しかし、浮気をしている日時がわかっていたとしても、友人を説得して証拠を撮ってきてもらうにしても、多くが失敗するに違いありません。気づかれずに写真撮影を行うには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。 追跡グッズという探偵が使うものは 自分で購入できるのかといえば買うことができるのです。追跡グッズは、GPS端末を一般に使用されることが多いですが、これはいかなる人でもネット等で購入できます。車に載せるGPS端末は、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、誰でも買えるのは当然です。事前に成功報酬と言われていても、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間あったとしてその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査は成功として扱われてしまいます。浮気しているのかは分からないまま、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、浮気調査は終了してしまい、成功報酬を請求されるのです。相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。子供がいるご夫婦の場合は特に配偶者の浮気が確実なものになったからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。それは男性の場合であっても同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。